2016年06月30日 (木) | Edit |


トロッコ列車からの1枚。
すごいでしょ~、濁流でしょ~、
2日目は保津川下りの予定だったんだけど中止になっちゃったの、残念~。


今回お泊まりのホテルは「松園荘」
この写真はパンフレットより)

moblog_5d9d5e9e.jpg

スゴーイ!こんないいホテル、主人とじゃ、泊まらないよ~。
熱海に行ったときだってビジネスホテルだし
スーパー銭湯の仮眠室のときもあるし
言えないホテルのときもあるし(オイっ!)
車中泊が1番多いかも!?

部屋だってホラっ!!
3部屋繋がってる~。

moblog_16ad48d2.jpg

TVも2台、洗面台も2台、部屋風呂だってホラ~
(使わなかったけどっ)

moblog_fe158aa8.jpg

また大浴場露天風呂がいいお風呂なんだよ。
この写真はパンフレットより)

moblog_2ce403a7.jpg

社員旅行のときは温泉に入れなかった分
今回は3回入りましたよ~~~~~~!!
全員寮生活していた友達なのでお互いの裸には慣れています(笑)


食事も良かったです。

moblog_4b2d585d.jpg  moblog_6db0b694.jpg

moblog_4f638bc4.jpg  moblog_b6b3b42c.jpg

丹波牛がお口の中でとろけました~。


みんな寝るのが早いんだよ~
12時前に就寝って・・・。
花魁ツアー2日目に50回目のお誕生日を迎えるので
布団に横になって暗闇の中で音楽を聴きながら12時になるのを待っていました。

12時になる瞬間は友達の天使の寝息を聞きながらでしたが!(笑)


今日はここまで、続きは次回に~
スポンサーサイト
2016年06月30日 (木) | Edit |
今回の「花魁ツアー」は6人組で行ったんだけど
この6人が出会ったのは約30年前。そーなのよ、短大のときからのお友達。
ずーっと続いているの。

静岡県4人、愛知県2人だからすぐ会える距離ではないのね。
それに出産の時期もバラバラだからいつも誰かが授乳中だったり
お子さんに受験生がいたりで、6人揃ったのは・・・
えええっ???いつ以来なんだろ???
とにかく今回はキセキ。
これからは孫の世話や親の介護やら入ってくると思うので
次に6人揃うのはいつなんだろ???って考えちゃう。(暗いな~)

この6人のいいところは誰と誰が特別に仲がいいとか
誰と誰とが仲が悪いとか、そういうのがないところかな。
例えば食事とか乗り物とかで3:3や4:2とか分かれるでしょ。
どの組み合わせでも気を遣わずにおしゃべりできる。
その都度自然にシャッフルしているし、すごいなって思う。
私にとって大切な友達です。

花魁を終わってお店の前での1枚。
今回の旅行のメインイベント直後の写真です。



ん?ちょっと待った!
アタシ、腕、こんなに太かった???
修正したいくらいだわ。

moblog_129c96b6.jpg

ジャーン、京都と言えば「にしんそば」
ナンデそばににしんを入れちゃったんだろうね!?

「これはどうやっていただいたらいいんですか?」
「熱いんですけどまずつゆをすすってください。御出汁の風味を味わってから召し上がってください。」

ふふ~ん、なるほどね~

確かに1口目は出汁に魚臭がしなかった。
その後そばを食べ、にしんを食べ・・・を繰り返し
再びおつゆをすすったら・・・にしんの味が強かった~~~~!!
つゆも濁っちゃったしね。

美味しかったけど・・・しばらくはいいかな。

さて嵐山方面に向かいます。
続きは次回。
2016年06月28日 (火) | Edit |
今日はお休みだったので早速花魁のDVD
安達祐実の「花宵道中」をレンタルしてきて観た。

ああ、祐実ちゃんったら体張ったわねー。
「びーちく出し」しちゃってるし
濡れ場シーンは想像以上に濃厚だし。

アダルトビデオよりなんだか生々しかったわ。
私生活、伊戸田のときもこんな感じだったのかな?
と、余計なことまで考えてしまったわ。

花魁の仕草を研究するつもりだったのに
濡れ場しか頭に入ってきませんでした~~~~!!
2016年06月28日 (火) | Edit |
今回花魁コスプレ体験をするにあたり、アタシは本気だった。
ただ「花魁ごっこ」をやりに京都に行ったのではない。
身も心も演じ切ろうと思っていたので
髪の毛を伸ばし、花魁について自分なりに勉強した。
と、言ってもネットで調べただけだけどっ

花魁とは・・・
位の高い遊女の事。
農村の貧しい家庭で、生活のために10才未満の女の子が
「吉原へ行けば毎日白いおまんまが食べられるしきれいな着物が着られるよ」
「これも親孝行だと思って堪忍しておくれ」
と言われ、泣く泣く吉原へ売られていった。

15才位までは先輩のお世話や雑用、古典、書道、和歌、三味線、囲碁などの教養や芸事を仕込まれていた。

やがて初潮を迎え、ある程度の年齢になると、ある儀式を行う。
つまり処女の喪失。
それはその道に長けた40才位の金持ちの男性に依頼していた。
乱暴だったり下手だったりなどの性行為に対する恐怖心や嫌悪感を抱かせないように人選には気を遣った。

18〜27才位までが商売できる期間。
自分の着物や化粧品は自腹なのでいつまで経っても借金は増える一方。

当然性病(梅毒)に感染する。
まず感染部におできができてかさぶたになる。
そして1次症状が収まってくると完治したと思われていた。
ところがこれは単なる潜伏期間。
この期間は妊娠しにくい体となっているため雇い主にとっては好都合。
数年後再び症状が出ると皮膚にゴム状の腫物が出てその部分の肉が落ちる。
やがて神経系が冒され死に至る。

また妊娠も避けられない。
今のような避妊具はないため和紙を局部に入れるというお粗末なもの。
中絶することもあったがこの時代の手術は原始的なもので危険極まりない。
中絶に失敗して命を落とすケースも多かった。
また堕胎せずに出産に至ることもあった。
なので吉原生まれで吉原育ちの遊女も存在した。

結局は心も体もボロボロになって
派手な印象とは裏腹に幸せとはほど遠い人生だったでしょう。

多少間違いはあるかもしれないけれど
まあこんなところかな。


さて前置きはこのくらいにして話を戻しましょう。

今回、元幼児教育科仲良し6人組で京都へ向かった。
場所は「心~花雫」
6人一緒に撮影は出来ないとの事で3:3で
「宵の間」と「華の間」に分かれることになった。

まず、着物を選ぶ。
それぞれ好きな着物をチョイスした。
アタシは成人式で赤を着なかったので「赤」を選んだ。
これからの人生で赤を着ることは、まずないと思う。

次にブラとショーツだけになってプールのラップタオルのようなものを身につけてメイクルームへ。

ここでカワイイ系かカッコイイ系かテイストを聞かれる。
アタシはカワイイ系でお願いした。
メイクが始まった。朝化粧してきた上からバンバン塗られる。

「派手なお化粧なのでビックリしないでくださいね」
と、言われ、ある程度覚悟していたのに
目を開けたら「うわ~、すご~い!」
つけまなんて3枚ずつよっ!
そしたら「ちょっと、ここボリュームがないから4枚目つけますね」
と、追加された~~~~~~!!

同時進行でヘアもセットしてくれた。
「前髪おろします?それともおでこ出します?」
「おろしてください」
あとはある程度お任せでナンカ頭にいろんなものを刺された。

打ち掛け、帯などを選び、いよいよ撮影ルームへ!!
途中、若い子たち3人組とすれ違い、
通していただくため「すみません」などと声を掛けたら
何と一緒に行った友達だった!!
ヤダ~、全然わかんなかったわ~~~~!!
お互いにっ!!
アンタ達、詐欺よっ!アタシもだけどっ!

撮影ルームは日常生活ではありえない色彩とコントラスト。
派手なイマドキの花魁の世界にタイムスリップしたようだ。

アタシの「宵の間」チーム3人の中で
1番目に撮影することになった。

カメラマンのお兄さんがいろいろなポーズを要求してくる。
「もっとお腹をグッと前に出して丸い曲線を出して~」
「目線は肘で~」
「手をここに当てて~ピーンじゃなく柔らかに~力抜いて~」
「お顔はこっちにかしげて~もう少し~」
「キツイけどがんばりましょう」
などとキセルや扇子や傘など次々に小物を持たされ、ポーズを変え
20枚弱撮影したところで
「じゃあここに両足を伸ばして座ってください。・・・・・足出します???」

え?今ナンテ???

撮影スタンバイ中のTちゃんが
「出しちゃえ、出しちゃえ~!!」
ノリがいいアタシも
「出しちゃう、出しちゃう~!!」

いーのか???アラフィフだぞ!!
もー、知らないからねっ!?

終わり頃は慣れないポーズで手がプルプルしてきて
涙が滲んできてしまった。
ああ、やり切った感じ。
大きな疲労感と満足感。

Nちゃん「どうして花魁独特の可愛らしいポーズを思いつくんですか?」
お兄さん「休みの日に花魁をテーマにした映画のDVDを借りてきて、実際に鏡を見ながらこうやって手を顔に当てて研究するんですよ~、ちょっと気持ち悪いんですけど

「それは気持ち悪いですねー」とはさすがに言えなかったけど
研究熱心なお兄さんのおかげでなりきれたんだと思う。

そっか~、DVD見ておけば良かった。
その手があったか~
今度レンタルしてみようっと。


一緒の宵の間チームのTちゃん、Nちゃんも無事に撮影を終えた。
それぞれ着物もポーズも違っていて、すごく可愛く魅力的だった。



さて、撮影が終わればもうメークを落とさねばならない。
この日は土曜のため次から次へと体験のお客様がやってくる。
とりあえず着替えを済ませスッピンになり、次は写真選びをしていく。

1人1台のパソコンで20枚以上のカットから3枚選んでいく。
(そういうコースで予約したので)

小物や目線、全身なのかアップなのか
同じような写真ばかり選ばないように慎重に選んでいった。

その後自分でメークしながら写真の出来上がりを待った。
受付から写真受け取りまで約3時間。
お待たせしました~~~~~~!!
受け取った写真がこれ。
     





































moblog_dff2fdc7.jpg

moblog_39062a5e.jpg

moblog_435e3031.jpg

帰ってから娘に見せたら
長女「お母さん、(アップの)おでこのシワっ!!」

ああ、そこ、修正してないじゃん!!
アタシは20代の頃からおでこにシワが出来たので
いつの時代でも前髪をおろしてきたのにさっ!!
娘は正直ね~


お誕生日前日とあってお店の方が1枚サービスしてくださった。
それがこの写真。
    

moblog_65d23387.jpg

ああ、どの写真を見ても「アンタ誰?」状態。
ぶんぶんっち率低いです。
これはもう詐欺だわっ!犯罪だわっ!

こんなアラフィフになって花魁だなんて・・・
と、思ったら還暦祝いでご来店のお客様もいらっしゃるようで・・・。
華の間チームの3人もとてもセクシーに撮影されていた。
もう本当に魅力的で花魁になりきっていた。

アタシ達、まだまだイケるかも???
などと思ってしまった。

もうこんな体験することはないねえ。
本当にいい記念になりました。
「心~花雫」のスタッフさん、ありがとうございました。

女子会ネタ、まだまだ続きます
2016年06月24日 (金) | Edit |
事の始めは1年4ヶ月前のことだった。
当時、友達同士の女子会の1泊旅行をアタシだけ急にキャンセルしたときのこと。

そのときはぶんぶんっち家ったら3人もインフルエンザにかかったのよ!
アタシはその年はかからなかったんだけど、看病に大変な思いをしたの。
だって、長女と次女と父親よっ。
病院に連れて行ったりお粥つくったり氷持って行ってあげたり
仕事の途中に抜けて家に戻ったり、こっちが倒れるかと思ったわ。
その頃も母が体調を崩していてとても出掛けられる状態ではなかったの。
あんなに楽しみにしていた女子会なのに泣く泣くキャンセルって・・・。

で、その時に「次は皆で京都に行って花魁コスプレ体験をしよう」という話があがったというワケ。
あれから1年4ヶ月・・・。
待ったわーーーーーーーーーーーーーーーー!!

すごい待ったわ~~~~~~~~~~~~~!!


Yちゃんから「ショートヘアでも大丈夫だけど肩まであったほうがいいかな。」
と、聞いていたので・・・
伸ばしましたーーーーーー!!

次女が生まれてからずっとショートカットがアタシのトレードマークだったのに

moblog_30253778.jpg

ホラっ!!

moblog_caccf8b9.jpg

昨年の8月から美容院に行ってないの。
花魁のためだけに伸ばしました。
「ガチ」ですよっ!!
身も心も花魁になりきりますよっ!!
見事に演じ切ってみせますわっ!!
(たくさんライトを当ててもらおう)


そんなワケで土日1泊で京都に行ってまいります。
ちょうど6/26はアタシの50回目のお誕生日!
一生忘れられない誕生日になりそうです~。
濃い2日間を過ごすことになりそうです。

またここで何回かに分けて報告させていただきますね。