2013年03月24日 (日) | Edit |
皆さんは気付いていらっしゃるだろうか???
2/9にスマホに替えてから写真入のブログのネタをUPしていないことを・・・。

いや、殆ど最近は放置気味だから誰も気付きゃーしませんてばっ。

あのね、思い切ってデカイスマホにしちゃったの。
auのHTC J Butterflyという機種なんだけど。
LTEでサクサク画面も切り替わってストレスもないし
とにかく写真がキレイに撮れるの。
じゃあ載せればいーのに・・・って。

んー、サイズが超デカイの。
編集メニューからサイズを小さくしようとしてもできないのかなー、
んー、できないっぽい。

んー、どーする???
スポンサーサイト
2013年03月12日 (火) | Edit |
そういえばさ、先日の卒業式に着ようとしていたスーツ、
紺のスーツなんだけど、どこを探しても見当たらなかったのさ。
エ??クリーニング??おかしいな、控えの伝票もないし、出したっけ??

まあいいや、間に合わないからもう買っちゃえ。
と、安物のスーツを買ってしまった。

「お母さん、ブラウス買った?」
「うん、買ったよ。」
「ひょっとして胸元がホイップクリームみたいなの??」

エ??ホイップクリーム???
派手にヒラヒラしているブラウスを意味するのかな??

「ううん、違うよ。リボンタイのシンプルな感じのだよ。」
「あー、良かった。ホイップクリームみたいなの、あまり好きじゃないんだよね。」


そうだね、いかにもフォーマルって感じであまり好きではないかも・・・。
・・・ってか、その発想がナイスだわ・・・。
2013年03月08日 (金) | Edit |
3/1は次女の高校の卒業式だった。
いままで何回も卒業式に出席してきたけれど
幼稚園から中学までは「言葉」や「歌」があったりして
「泣ける」卒業式だった。

2年前に長女の高校の卒業式に出て、
「あ~、高校の卒業式はそんなに感動がないな~。」と思ったものだった。
だから今回も卒業式とは節目としての行事であり、淡々と過ぎていくものと思っていた。
そして案の定、校長先生の挨拶、PTAの挨拶、それから在校生からの贈る言葉に
卒業生代表の言葉など、どれも無難な言い回しでまるでお手本のようであった。
当然泣いている生徒さんもいないまま卒業生は体育館を退場していった。

それから各クラスの教室に分かれて担任の先生の話を聞いて終わりとなる。
ここでまさか号泣することになるとは思ってもいなかった。

担任の先生は40代後半の男のベテラン先生で
今までにも何回も3年生を担当し、送り出してきているのであった。
そんな先生が「君達にはこういう人になってもらいたい。」
と突然号泣しだして、ラストメッセージを告げ始めた。
そこにいた全員が涙した。
生徒も保護者も鼻水まで垂らしてグジョグジョになった。

こんなにアツイ先生のクラスで本当に良かった。
ここの高校で本当に良かった。
県内有数の進学校とまではいかないけれど
努力して入学してきている生徒さんばかりで性格がいい子が多いのだ。

気になるラストメッセージは
「感謝の気持ち」と「思いやりの心」という当たり前でシンプルなことなのだけれど
人間は頭の良さとかではなく、もっと大事なことがあるということを
声を震わせて語られ、全員の心にストレートに響いたのであった。
今日の事を、この空間をずっと忘れない。

んっ!?自分の高校の卒業式はどうだったんだろう???
あまり覚えてないや・・・。